バイブルな不動産ブログとは

このコラムはマンションやアパートなどの賃貸物件をメインに様々な視点、話題から不動産仲介業者から見た不動産業界、さらには世間、流行、政治経済、竹の日常(笑)まで、を配信する内容のものである。

もちろん不動産の賃貸物件に関してがメインである。

知っていて得する裏技や各高級シリーズマンションの解説も記事にしていこうと思う。

僕が在籍する株式会社DM作成comでは、高級マンションというジャンルに特化した仲介業者である。

だが本当の物件の良さは高級、低級に左右はされない。

たしかに高級マンションのデザインや設備はお金をかけて大手不動産が創り上げた傑作なわけで言うまでもないが家賃はその名の通り高級である。

高級マンションを借りる方は収入的にも恵まれていて、その分良い生活(金銭面で)ができている。

なので自分の住む家も必然的にその生活に比例したグレードのマンションになる。

物件を探す際に希望家賃を必ずお客様にお伺いするが、金銭面で良い暮らしができている方それなりの家賃を希望家賃に設定するという事だ。

たとえば年収1億円稼いでいる恵まれているお客様が家賃5万円のお風呂なしの物件を視野に入れるか、と聞かれればありえない話である。

そのお客様には眼中にないのだ。
そのような生活が想像できない。

何が言いたいのかというと1億円稼いでるお客様は高級マンションと呼ばれるくらいの家賃範囲内で物件の良しあしを判断する。

『この物件は広くて使いやすい』
『この物件は狭くて使いづらい』

家賃が200万円の物件でもその人にとってはNGの物件も当然存在する。

逆に家賃5、6万円で探しているお客様も5、6万円の家賃範囲内で良い物件、悪い物件を自分で判断して気に入った物件を選ぶことができる。

つまり高級、低級にかかわらず、人が『この物件は最高だ!』と判断すれば、それがたとえ家賃5万円の風呂なし物件でも、その人にとっては希望家賃内で一番良い物件となるのだ。

なのでこのコラムでは高級マンションについての記事も書くが、比較的安い賃貸マンションやアパートに関しても記事にしていきたいと思う。

大好きなテレビドラマシリーズ踊る大捜査線の名ゼリフ
『事件に大きいも小さいもない!』
をパクらせて頂くと『家賃に高いも安いもない!』人によって金銭感覚は様々だから。

長くなったが賃貸物件に関する事だけでなく、様々な世間の様子もさりげなく不動産関連に絡めて記事にしていければなと思っている。

竹の日常は全く不動産に関連した事を書くつもりはないのだが、お楽しみ頂きたい。