仲介業者を選ぶときの注意点

ほとんどの方はお引越しをするときに不動産仲介業者を利用すると思います。

仲介業者とはオーナーさん(または管理会社)とお客様の間に入り、物件を探して案内をしたり

ご入居までの流れを作る役割を果たす業者の事を指します。

不動産仲介業者は都内だけでも星の数あります。街を歩いてみても何件も不動産屋を見かけると思います。

もしあなたが実際にお引越しをする際、どの仲介業者にお部屋探しを依頼しますか?

賃貸情報サイトで良い物件を見つけて、その物件を掲載している業者に頼む、街をフラッと歩いて出会いがしらに見つけた業者に頼む。

不動産仲介業者との出会い方は様々です。特にこれと言って『この出会い方が1番良い』というのはありません。

ただ依頼をする前に少しその仲介業者を調べておきましょう。まず良い仲介業者、悪い仲介業者に会社の規模は関係ありません。

名の通った大手不動産会社の仲介部門でも小さな町の不動産でも紹介できる物件は同じで割引できる金額もほとんど同じです。

不動産売却に適した営業マンの見分け方のコツはありますか?

会社の規模や知名度で不動産会社を選ぶのも正解、町の親切そうな不動産会社を選ぶのも正解です。

店舗や営業の方の雰囲気も非常に重要です。心配な方は少し色々な不動産仲介業者を回ってみるのもいいかもしれません。(これは不動産の人間からしてみると少し怖いです)

色々な不動産に行ってみると、紹介された物件が同じでも料金が違かったり、営業の方のイメージが悪かったりします。

しっかりと親切に親身に考えてくれていると思ったところの仲介業者でお部屋探しをしましょう。

では具体的にどういったところに注意して不動産仲介業者を選べば良いのかお答え致します。

『預り金を請求してくる』預り金とは住みたい物件が決まりお申込みをする際にお金を預けるシステムのことです。

お金を預かっておくことでキャンセルという概念を無くす効果がある・・・らしいです。ただオーナーさんから『預り金を頂いてほしい』という要望がまれにあります。

その際は疑ったりせずにお金を預けても大丈夫なのですが、どの物件でも預り金を請求してくる不動産会社は明らかに危険です。

一昔前は預り金が基本でしたが最近ではお客様へのイメージ、不動産業界全体へのイメージダウンに繋がるので預り金制度を実施していない不動産が多いです。注意しましょう。

次に『場所』です。これは注意点というよりアドバイスなのですが『一等地』で営業している不動産はしっかりしています。

駅に近い店舗で営業をしている不動産はそれだけで沢山のお客様が足を運びやすいので人気です。当然駅が近いとその店舗の家賃も高くなりますが集客率が高いため、より多くのお客様を接客していますので安心ですよね。その他にも人通りが多い通りの路面店や見るからに高額そうなビルに入っている仲介業者なども、それだけの場所に店舗を構える資金力があります。マンションの1室でコソコソやっている業者と比べると安心できますよね。ただやはり店舗の場所よりかは営業の方の雰囲気で選ぶのが無難だとは思います。