契約するときの注意事項

契約とは住みたい物件に申し込みをいれて、オーナーさんの許可が降り、これからこの物件に住むという手続きの事を指します。

この契約後のキャンセルには料金が発生してしまうので、まずこの点に注意しましょう。

入居審査が通ってしまった段階では、まだキャンセル料は発生しないです(場合にもよりますが)

契約書に署名捺印し、この物件を借りるという契約を交わした瞬間から借主となりお金が絡んできます。

契約では契約書、重要事項説明書、紛争防止条例に基づく説明書(東京都のみ)など聞きなれない書類が読み上げられます。

ここでわからない箇所があったらしっかりと聞いておきましょう。

後になってから『そんなの知りません。聞いてません』で突っ張っても契約書に記載されていて、そこに自分の署名捺印がされてあった場合は

契約書の内容を認めたという事になり、全て自分の責任になってしまいます。

できれば契約をする前に契約書のコピーか何かをもらい一度読み直して、わからない事、聞きたいことをまとめてから契約に臨みましょう。

そして重要なのが『重要事項説明書』の説明になります。これは宅建業法で宅建主任者がこの書類を読み上げ、契約者に説明する業務が義務付けられています。

流れでサインしてしまわないように気を付けましょう。

次に預り金です。申し込み時に預り金を預けていた方はしっかりそのお金を返却、または初期費用である契約金から差し引かれているか確認しましょう。

残念ながら不動産会社には預り金を返さない業者も過去にいたようです。

もし返却されない場合は不動産の協会に連絡して、その業者を叩きましょう。

次に家賃交渉が成功された方はしっかりと家賃が下がっているか確認しましょう。

また家賃が下がっている場合は礼金、敷金、仲介手数料、保証会社の料金、前家賃と全ての初期費用の金額が下がります。

本当に全て下がっているかもチェックです。

それと鍵がいつもらえるのか、入居日に間に合うのかの確認も必須です。鍵の受け渡しはその物件の管理会社や、その時の状況により違ってきます。

契約金の入金が確認後にすぐ契約後鍵がもらえるケース、契約後、後日入居日の前日にもらえるケースなど様々です。

しっかりと不動産の方とスケジューリングしてスムーズな入居を心がけましょう。

お金が戻ってくる?不動産売却時の優遇税制について

この契約を乗り切ると晴れてその物件を借りる事が出来ます。また不動産会社の方と顔を合わせ話す機会がおそらく最後なので聞きたいことはとりあえず

聞いて気を抜かず頑張りましょう。