引っ越し前には住人に声を挨拶を。

皆さんは無事引っ越し先が決まった際は近隣の方への挨拶はしますか?

よくテレビで見かける『隣に引っ越してきた〜と申します』と引っ越しそばを片手に挨拶するシーンがありますが、近年こんな光景は見られなくなりましたね。

ただ一言声をかけておくことで今後新居で過ごしやすい生活を送れるのは間違いありません。

郵便受けがあふれかえっているとこの住人や不在が多い部屋の住人には挨拶は控えた方が

良いですが、オーナーさんが住んでる建物や女性専用などの集合住宅では挨拶がしやすいし、家族連れの方は家族連れの部屋の方に挨拶しておくと交流が深められますよね。

ではどういった挨拶の仕方が良いのか?色々調べてみました。

まずは訪問時間です。これは引っ越し日当日の午後7時までに済ませるのが基本となるようです。

そして朝食、昼食、夕食の時間はさけるようにしましょう。

有効期限は1年間?不動産の「インスペクション」ってなんですか?

タイミングは勿論ありますので留守の場合は翌日、それでもタイミングが合わなかった場合は廊下ですれ違った際にあいさつ程度で大丈夫だそうです。

次にこれは自分も始めて知ったのですが訪問先に順番があるそうです。

オーナーさんから始まり→管理人さん→隣の方→下の階の方→上の階の方だそうです。

両隣と上下の部屋は近隣トラブルを防ぐためにも挨拶はしておきましょう。

次に挨拶品なのですが、引っ越しそばなどの食べ物は好き嫌いがあるのでNGみたいです。

タオルや石鹸、入浴剤などが基本のようです。そしてあまりにも高価なものを渡すと気を遣わせてしまったり他の近所の方が『うちは貰ってないわ!!』という事になりかねないので安いものがベストのようです。

(単身なら500円程度、ファミリーなら1000円程度が好ましいそうです)

挨拶の内容ですがこれは自然に『隣に越してきました〜と申します。どうぞ宜しくお願いします』という感じで名字を名乗る程度で大丈夫だそうです。挨拶も短めの1分から2分にとどめておくようにしましょう。

その他ですが一人だと行きづらい方は友人とあいさつにいっても大丈夫だそうです。

またマンションなどのオートロック設備がある建物では玄関チャイムではなく、オートロックの前からチャイムを鳴らしましょう。

引っ越しの挨拶は本来であればするものであり、『挨拶しようかな、でもやっぱり恥ずかしいしやめようかな』と迷うものではなく

挨拶をしないのであれば『挨拶は控える』というスタンスでとらえるものだそうです。