賃貸物件の初期費用(家賃以外にもいろいろかかります)

賃貸物件の初期費用とは入居前に支払う契約金の事を指します。

まずは前家賃という費用がかかります。言葉の通りですが入居する前に支払う翌月分の家賃になります。管理費・共益費がある場合はこちらも含まれます。

次に礼金です。礼金はオーナーさんへお礼という形で支払う金額になります。最近では礼金が0の物件もありますね。その他は1カ月、2カ月が多いです。

そして敷金。敷金はオーナーさんへ預けるお金です。退去する際に戻ってくるお金です。担保と考えると分かりやすいですね。ただしここで注意!

必ずしも敷金が全額返ってくるとは限らないんです。退去時にお部屋の設備が壊れていたり、クロスが汚れていたりすると、その修繕費は敷金から差し引かれてしまいます。

売れない不動産を売るための「テコ入れ」の方法とは?

また家賃を滞納してしまい未払いの場合も敷金からひかれてしまいます。それと償却というシステムがあります。物件資料を見ると『敷金2カ月償却1カ月』などと記載されている場合があります。敷金が2カ月で、そのうち1カ月分は最初から返ってきませんよという意味になります。その敷金から償却したお金でルームクリーニングを行うケースもあります。

また保証金とは敷金と同じ意味になります。『保証金2カ月』と記載があったら『敷金2カ月』と解釈して良いです。

次に鍵交換費というものがあります。これも名前の通り、前住んでいた方の鍵を新しく作り変えて新しい入居者に渡す為の費用になります。

鍵の種類がディンプルキーだったり複製不可なカードキー、センサーで反応するキーだったりすると値段が高くなります。通常は15000〜30000円前後になります。

また分譲のマンションですと鍵交換がない場合もあります。オーナーさんが鍵交換を負担する物件なんてのもたまにあります。

次に住宅保険の料金がかかります。火災保険や総合保険という名目もありますが同じです。これは必ず加入しなければならないものです。万が一に備えて保険をかけておきます。

費用はプランによって異なりますが1番安くて15000〜20000円のプランがあります。(保険会社によって違います)

そして仲介手数料。仲介手数料とは仲介業者に支払う金額になります。最近では仲介手数料無料なんていう物件もありますね。仲介手数料の金額は不動産の法律で1カ月分(税込)の料金までしかとれない事になっております。

以上が基本的に発生する初期費用の内訳となります。その他に保証会社を使った場合は保証委託料、室内抗菌を行った場合やルームクリーニングをした場合には料金がかかります。

初期費用も物件探しでは重要な条件なのでしっかり不動産屋に確認しましょう。