22歳〜30歳の若者世代の男性がついつい無駄遣いしてしまう項目TOP5

コラム画像1

今回は自分と同年代の22歳〜30歳の若者世代の男性がついつい無駄遣いしてしまう項目TOP5というランキング
をネタにコラムを更新したいと思う。

やめられないムダ遣い第1位は昼休みや帰宅途中に立ち寄る機会が多いコンビニでの買い物だ。僕自身もコンビニは
毎日利用してしまう。朝ごはん、ガム、煙草は毎日と言っていいほど購入している。増税を機に煙草をやめる選択肢は無かった。
よって僕の中でも紛れもなく無駄遣いする場所1位はコンビニに確定であろう。

2位は想像通り飲み代金。社会人ならば、この出費は避けては通れない道であろう。本日のご褒美に1杯、口説き中の女性に1杯御馳走
なんて機会も多いハズだ。大抵が1杯だけではすまないのは目に見えた結果である。僕自身はあまりお酒を進んで呑む人間ではないので
これはランク外になる。

3位はネット通販。ネット通販の最大の利点ボタン1つで簡単に買い物が出来てしまう事、ゆえに歯止めが効かなくなる心のブレーキが緩くなるのが、
無駄遣いの要因であろう。僕もネット通販はよく利用する。ただ本当に欲しいものだけを決めてから、パソコンを眺めるようにしているのでこれもランク外。

4位もネット通販のついで買いという行為がランクイン。ネットの恐ろしさがわかるランキングである。ちなみに『ついで買い』とはネットサーフィン中に
なんとなくついでに本やDVDなどの安価なものを買ってしまう恐ろしい行為である。
チリも積もればヤマとなる・・・この言葉がピッタリだ。

5位はスマートフォンのアプリやアプリ内での購入がランクイン。これは僕のランキングにもランクインしている。僕の場合はゲームアプリ内での課金。
凄い単純で現実性のない、言ってしまえばくだらないで片づけられそうな行為だが、ゲームではより強いモンスターがいればゲームのシナリオを優位に進めていく
事ができる。それにお金を費やしてしまう。最近では全国ランキングなどで同じアプリをダウンロードしている人と競い合う事も出来るため、ついつい課金を
してしまう心理や状況に陥る。頻繁に課金する人(僕)を重課金者とも呼ぶ。

以上が無駄遣いランキングだが思ったより心当たりがある人も多いはず。無駄遣いせず貯金し高級マンションに住みたい、高級車を購入したいなどの長期的で
計画的な買い物をするユーザーが減ってきている。スマートフォンなどの普及も影響していると考えれるが、税金があがりシビアにお金について考えなければ
ならないのに、なんとも反比例な話である。日本国民の大きな矛盾が生まれている。