残業代ゼロ法案とブラック企業と僕

先日、安倍政権が【残業代ゼロ法案】を発表した。 法律で定められている労働時間を超えても貰える給与は一定にし、個人やチームの仕事の成果によって賃金が決まる仕組みで 、どれだけ働いても残業代は0という法案である。(簡単に言うと)なんの解説もしないとこれはただの【ブラック企業支援】 でしかないが、安倍政権の狙いは規制の緩和による労働時間の短縮だ。規制を緩くすることで企業は法を守りやすくなり、法の効力 というものをより意識するであろうという考えだ。

ブラック企業は今や日本の大問題である。おそらく日本の半数以上の会社がブラック企業の基準に値するであろう。 残業代が出る場合でも労働時間はしっかりと決められており、それを超越する時間を働いてはいけないのだ。 一昔の日本は労働組合を組織しストライキを行ったりしてこの問題をなんとか解決してきたが、現在では『残業する=頑張っている』 『夢を追いかけるための努力だから残業代をださなくても働く』という経営者の昔ながらの精神が大きく影響しているように思える。

この労働時間の問題で離職率が高まる一方で、経営者や企業の首脳陣は勿論、下で働く社員たちにも『残業はあたりまえ』『残業代は なくて当然』という考えが染みついてしまっている。『上司や先輩も残業してるから』と一言で片づけストライキなどの抗議をしないので ある。

ブラック企業は安く長く働かせるのがモットーと言ってもよい。最近では固定残業制度(基本給に残業代を含む)や管理監督者制度(役職者は 経営者と同一の立場とし労働法を適用させない)を取り入れる企業がほとんどでブラック企業は増えつづけている。 また裁量労働制といい働く場所や時間を制限せずに膨大な仕事量を与え、必然的に労働時間を増やし労働基準法をサラリと回避させるやり方など 近年増加傾向にあるフリーエージェントや内勤労働者をターゲットとした方法を編み出すなどブラック企業も進化しつづけている。 結局はいくら新しい法案ができてもブラック企業は法の穴を見つけ新たな方法を編み出すのでブラック企業は減らないのである。

海外では9時に出社し17時に退社・・・なんてのが普通なので外国人から見れば『なんなんだ、この国は?』と驚かれている。 大抵のブラック企業の従業員も、さらにはホワイト企業の従業員もこの日本の現状に驚かない事が既に世界から取り残されている証拠だと思う。 『うちはホワイト企業でよかった』なんて言っているのは世界から見れば大変おかしい事なのだ。すべての企業がホワイトではならない。

ここまでブラック企業を批判してきた僕だが、社会人になり4年経つが18時や19時に上がったことなんてない。 良い大学を出た友人が定時18時で帰社し、酒付きを交わそうとお誘いがくるがいけない。僕は高卒で、大学の高い授業料を払っているわけでもなく、 学生時代にアルバイトをしながら授業やサークルの飲み会に参加してカツカツな大学生活を送ってきたわけでもないので当然と言えば当然なのかもしれない。

『郷に入っては郷に従う』散々ブラック企業は・・・と殴り書きしたが今の日本にいる以上、この日本で食べていくために生活しなければならないので ブラック企業と罵る前に黙って働けばいいというのが僕の考えだ。社会人になりたての頃はこんな日本の現状に不満を持っていたが、少し大人になった 今は厳しい環境の中で学び、楽しみ、手を抜くとこで手を上手く抜くのが1番利口で効率がいい社会だと思えたからこそ、今日もこうして仕事をしているのだ。