WIN青山

WIN青山

都内でもトップクラスの高級住宅エリアで人気の【青山エリア】。 表参道の高級ブティック街周辺や外苑前駅〜青山一丁目駅までのオフィス街までの事を指します。 住んでいるだけでステータスになる為、【南青山】という住所を使いたいが為に青山エリアで物件を探している人さえいらっしゃいます。

ただどんなにお金持ちの人間でも『安いに越したことはない』という発想は捨てきれません。 『お金ならいくらでも』『お金で解決』などの発想はドラマやアニメに出てくるお金持ち父親がいるお坊ちゃまかいやらしい金持ちの親父 だけの発想です。 現実的に本当のお金持ちは『使うところで使い、無駄な出費は抑える』という事がきちんとできている人間です。 逆にできていない人間はお金持ちではなく、ただの見栄っ張りかお金で物を言わせるのに快感を持った嫌な人間です。 『お金持ちはケチである』という言葉はこういう意味だと思います。

不動産の物件広告で見かける「住宅性能表示制度」とは?その信憑性は?

話を戻しまして、青山エリアはそんなお金持ちが集う、高級エリアになります。 しかし本当にお金持ちしか住めない土地なのか?答えはNOです。 青山エリアは非常に歴史ある土地で昔ながらの家も少なくありません。 お風呂がバランス釜で部屋が和室でトイレがぼっとんトイレの賃貸アパートもあります。 これなら6万円〜8万円あたりで住めるでしょう。これであなたも『青山に住んでいる』という権利が得られます。 ただ本当にこの考えで納得する人はいません。大抵の方は『そんな〜荘みたいなボロ家に住むなら8万円払って世田谷あたりで新築の キレイなマンションに住むは!』となるはずです。考えてみれば女性を口説く際の『青山に住んでいるんだ』と自慢をして、 『じゃあ行ってみたい』という言われたらどうでしょう。全力で家に来るのを回避させなければなりませんよね。

そんな時にオススメしたい物件が1件だけ青山エリアに存在します。それが今回ご紹介する『WIN青山』です。 WIN青山は青山一丁目駅のすぐそばにあるマンションです。ホテルライクな館内が特徴的で1階にはラーメン屋やお寿司屋さんなどが 入っています。住居者専用のエントランスはエスカレーターを上がるとあります。フロントはまさに高級マンションの仕様で華やかです。 一番気になるのはお値段・・・家賃ですよね。家賃は6万円〜8万円あります。これはちなみにボロ家を除けば青山エリアで一番安い物件です。 この物件の素晴らしいところは事務所使用OKというところです。青山一丁目で事務所&SOHO相談できる格安マンションはここしかありません。どうしても青山に住みたい方、青山で安い物件を探している方(セカンドハウスや仕事部屋など)はぜひWIN青山をご検討してみてはいかがでしょうか。