Osaki?West City Towers

大崎駅に直結したタワーマンション。?ご希望条件にこのような設定を組み込まれている方が最近非常に多く感じる。 物件数はかなり絞られるが駅直結型のタワーマンションは説明不要でハイグレードかつ 最高級のマンションであろう。

1982年に副都心として定められた大崎駅周辺だがこのエリアを代表するマンションと言えば Osaki?West City Towersである。

総階数39階建てで1084戸の住居が用意されている超大型タワーマンションである。 ウエスト棟とイースト棟の2棟から連なる巨大なタワー。 大崎に行けば一目で目につくだろう。 無論、大崎駅とはペデストリアンデッキで直結している。

「住宅品確法」が瑕疵担保責任に影響するポイント

ペデストリアン(pedestrian)とは英語で歩行者の意味を指す。 車道と分離された歩行者専用のロード。 駅とビルを結んだり本館と新館を結んだりと最近ではよく目にする事も多い。 東京オリンピックに向け大規模な都市開発が進む中このようなペデストリアンデッキ は今後ますます増えていくだろう。

Osaki?West City Towersは駅のみならずアトリウムプラザとも直結しているのが魅力的である。 木々の人工的自然に囲まれ談話を愉しむスペースと言ったところか。

駅直結の魅力はもちろんすぐ駅に行ける事だが、大崎駅直結の最大のメリットは山手線で 隣駅に行けば品川駅に着くという事だ。 品川駅は羽田空港への一番の近道である。国際化が多様になった現代では日本列島各地さらには 世界各地を狭しと駆け巡る仕事のビジネスマンたちが増加してきている。 そんな中でシングルスやファミリーの枠関係なく、飛行機という乗り物を乗り継いで仕事をする 方には持って来いのタワーマンションなのだ。

朝起きる。素敵な東京都下の眺望に一瞬の安らぎを得てシャワーを浴びる。 着替えをして軽快なステップで部屋を出てエレベーターに乗る。 エントランスに出てペデストリアンデッキを通り大崎駅へ。 そのまま山手線に乗車し2分で品川駅へ。 朝起きてからここまでわずか30分である。

全てを完璧にする生活を提供するのがこのOsaki?West City Towersである。