リエトコートアルクスタワー

リエトコートアルクスタワー

日本の首都、東京都の中心地『中央区』。 その中心に聳えるのが中央区銀座エリアを代表する高級タワーマンション『リエトコートアルクスタワー』 である。

駅は新富町、銀座、東銀座、築地が利用可能で、銀座を完全に生活圏内にいれた暮らしを実現できる。

リエトコートアルクスタワーの『リエト』とは楽しい・幸福などの意味をもつイタリア語である。 イタリアの国の方の『楽しい』『幸せ』という感覚がわかる人にはピッタリのタワーマンションという事だ。 (多少無理やりですいません・・・)

パンツェッタ・シローラモは有名なサッカー選手を除けば、我が国日本でもっとも有名なイタリア人だ。 そんな彼が書いた本『イタリア人式楽観思考法』。 ユーロの危機によってヨーロッパ全域が経済不況に陥ってしまったときにイタリア人だけが 『私は不幸だ』と嘆かずに不幸を受け止め、不幸の中にも小さな幸せを探し、ポジティブに 明るく楽しく生活しつづけたそうだ。 「経済が悪いことと、自分の幸せは関係ない。残念な結果だって、明るく楽しい思い出に早変わり。 3万円で、30万円に匹敵する楽しみを満喫する。嫌いな人こそ、長所を探してほめる。 お洒落になれば、内面まで綺麗になる。明るくポジティブに生きる方法』 とこの本に記されている。非常に感銘を受ける文章だ。

幸せとはなんなのか? 沢山食べる事。仕事が上手くいくこと。好きな人と両想いになること。友達と交流すること。 幸せは個々に違ってくるものであり、それはどんな不幸な状況だろうと自分で幸せを見つける 努力をすれば簡単に幸せになれるのだ。

例を挙げるとしよう。 【女子力】という流行の言葉がある。 『〜ちゃん化粧上手いね。本当女子力高い!』『〜ちゃんは女子力高いからきっと料理も完璧だよ』 我々男からみて『可愛いを演じている』という考えを持ってしまうがそれは違う。 【女子力】とは『何歳になってもいつまでも美しくいる努力』の事を指すようだ。 オシャレをすれば内面まで綺麗に美化されるということらしい。

話はだいぶ飛んだが、リエトコートアルクスタワーは入居者全員が1人1人の幸せを見つけれる 高級タワーマンションなのだ。