都心の賃貸相場は下落しているか?

都心の賃貸相場は「横ばいまたは下落傾向にある」と言えます。現在都心の賃貸事情を見ていると、集合住宅が多く建築された時期と重なり、とくに築年数が30年を超える物件の多くは間取りが古取り方なので、寝室を開口部側にある物件が多いようです。これは、リビングを日中にくつろぐスペースとして考えられていなかったといわれています。

現在この様な物件は家賃を下げています。現在はリビングの陽当たりや快適性、また広さを重視した間取りを重視し設計しています。逆に寝室は寝るための部屋として陽当たりや広さは必要ないと考え、寝室には光を充分とりいれなくてもよいのではと考える買い手が増えてきたためといわれています。

現在はユーザーのニーズに応えた物件のほうが指示をうけているので、空室期間が短くすんでいるという、貸し手にも有利なつくりとなっています。現在の物件は近隣の家賃相場に伴っており、古い間取りの物件との差別化が図れ、その平等性からさらに人気が高まっています。

それでは、貸し手にとって頭をアやませている古い間取りの物件を、住民を切らさず、常に入居してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

それにはまず築年数から家賃を下げることは尚更、上下水の配管を交換や給湯器の交換、換気乾燥機付のシステムオートバスへの入れ替え等、住居として住みやすくしなければ、人気の高い、相場相応のデザイン性にも間取的にも優れた近年のマンションとは差がついてしまいます。

それがユーザーのニーズに合った間取に変更する「リノベーション」なのです。古い建物をリノベーションして、借り手の個性に合ったライフスタイルをリーズナブルに過ごしたいというニーズが増えているため、リノベーションは最も注目を集めているので、古い物件をお持ちの方は、思い切ってリノベーションをすれば、HPやランディングページ制作で物件を探している方も納得してもらえる可能性はあります。また、若い世代は、シェアハウスの登場で。

ワンルームも賃料が下がっている傾向にあるようです。プライベート性の高いワンルーム物件よりもコミュニティとしての住居を重視されているということになります。これまでの様に都心の賃貸物件は、新しい物ほど賃料は横ばいで、築年数と間取タイプが古い物件は下落傾向が進んでいます。

そこに新しくリノベーション物件が登場しているです。借り手のライフスタイルにより、部屋も選べる時代となったいま、借りては選ぶ選択肢を多くもってきているということになり、貸し手は借りてのニーズにできるだけこたえることが、空室をつくらない秘訣ともいえるのではないでしょうか。