lp-title

バナー広告を効果的に打ち出す方法

不特定多数のネットユーザーの目に触れるバナー広告の効果的な出し方は、表示先のサイトのコンテンツに同化させることです。宣伝対象者を指名することができないとはいえ、バナー広告が表示されるサイトの訪問者の特徴は限定的です。彼らにとってクリックすることが効果的であると感じさせるような出し方ができれば、少ない表示回数でも優れた結果をもたらしてくれます。

ソフトウェアのランディングページに遷移するバナー広告であれば、効果的な出し方には定石があります。まず、主として表示されるページを設定することが可能な環境を構築しておきます。続いて、インストールを想起するような文言で宣伝文章を作ります。ただし、宣伝したいソフトウェアの正式名称が一目瞭然となるアピール項目も示さなければなりません。そして、ネット上に溢れかえっているフリーソフトのインストールページに広告が表示されるようにするための作業を行えば準備は完了です。

ネットユーザーが特定のフリーソフトをインストールしようとしてとあるページにアクセスした場合、広告の設定に間違いがなければ宣伝バナーが表示されます。フリーソフトのインストールには時間がかかる場合が少なくないので、処理が完了するまでの間はネットユーザーは暇を持て余します。そんなときに作成した宣伝バナーを見つけたら、現状のコンピューターの環境をより一層使いやすくするために宣伝しているソフトウェアをインストールしてくれる期待が高まります。

ただ、肝心なことはバナーの内容とリンク先のランディングページがしっかり噛み合っているかです。いくらクリック率が高くてもランディングページの離脱率が高く、構成もQUESTやAIDMAの法則を無視した内容のランディングページではなかなか成約率に結びつかないです。そのためにはホームページの制作会社ではなく、実績のあるランディングページの制作会社に依頼することがポイントでしょう。

ホームページ制作会社やデザイン会社はコンバージョン率の考え方が弱くコンバージョンに結びつきづらい傾向が多いので事前にしっかり制作実績などもみてよく調べて依頼することが大事と言えるでしょう。