反響や売上に繋がるDMの挨拶文の書き方

imagesお客様からの反応が良くなったり、売上につながるランディングページの挨拶文を作成するにはどのような内容を考えていけば良いのでしょうか。それにはまず売り込みたいターゲットを明確にします。なぜかと言うと挨拶文の内容というのはそのターゲットによってそれぞれ異なる伝え方をしなくてはいけないからです。

伝えるターゲットによって興味を引く言葉というのは様々なのです。例えば、なぜ今回このようなものを送付するのか理由を伝える、というテクニックがあるとします。「弊社の製品△△を広く知っていただきたく」という文言を入れて興味のありそうなターゲットにDMを送るという手があります。なぜこのようなことをするのかと言うと、受け取る人はなぜ自分に届いたのだろうと疑問に思うものなのでどういう目的で送ったのかを明確にする必要があるのです。次にターゲットが興味を引くコツとしては、お客様にとって何が得でメリットがあるのかをわかりやすく伝えるということです。

お客様は特に興味のないものを最初から最後まで目を通さないので挨拶文でどんなメリットがあるのかを伝えます。さらにサービスを一度でも利用してくれたお客様については、お客様自身が特別な存在であることを新規のお客様とは区別して伝える必要があります。例えば、「いつもご購入いただいているお客様のために今回特別に」、「会員様限定で今だけ」というような文言で特別感を出します。なお新規のお客様については、社名のみならず自分の名前も名乗ると印象が良いでしょう。DMの差出人が個人名であることは、相手に親近感を持ってもらうことにつながります。

不動産業界の場合だと、DMを顧客に送るときに代表者の個人名で送るのが有効かもしれませんね。ぜひおためしあれ〜(*´Д`)あばばばばばあばばばばあば