作成者別アーカイブ: ghi

反響や売上に繋がるDMの挨拶文の書き方

imagesお客様からの反応が良くなったり、売上につながるランディングページの挨拶文を作成するにはどのような内容を考えていけば良いのでしょうか。それにはまず売り込みたいターゲットを明確にします。なぜかと言うと挨拶文の内容というのはそのターゲットによってそれぞれ異なる伝え方をしなくてはいけないからです。

伝えるターゲットによって興味を引く言葉というのは様々なのです。例えば、なぜ今回このようなものを送付するのか理由を伝える、というテクニックがあるとします。「弊社の製品△△を広く知っていただきたく」という文言を入れて興味のありそうなターゲットにDMを送るという手があります。なぜこのようなことをするのかと言うと、受け取る人はなぜ自分に届いたのだろうと疑問に思うものなのでどういう目的で送ったのかを明確にする必要があるのです。次にターゲットが興味を引くコツとしては、お客様にとって何が得でメリットがあるのかをわかりやすく伝えるということです。

お客様は特に興味のないものを最初から最後まで目を通さないので挨拶文でどんなメリットがあるのかを伝えます。さらにサービスを一度でも利用してくれたお客様については、お客様自身が特別な存在であることを新規のお客様とは区別して伝える必要があります。例えば、「いつもご購入いただいているお客様のために今回特別に」、「会員様限定で今だけ」というような文言で特別感を出します。なお新規のお客様については、社名のみならず自分の名前も名乗ると印象が良いでしょう。DMの差出人が個人名であることは、相手に親近感を持ってもらうことにつながります。

不動産業界の場合だと、DMを顧客に送るときに代表者の個人名で送るのが有効かもしれませんね。ぜひおためしあれ〜(*´Д`)あばばばばばあばばばばあば

都心の賃貸相場は下落しているか?

都心の賃貸相場は「横ばいまたは下落傾向にある」と言えます。現在都心の賃貸事情を見ていると、集合住宅が多く建築された時期と重なり、とくに築年数が30年を超える物件の多くは間取りが古取り方なので、寝室を開口部側にある物件が多いようです。これは、リビングを日中にくつろぐスペースとして考えられていなかったといわれています。

現在この様な物件は家賃を下げています。現在はリビングの陽当たりや快適性、また広さを重視した間取りを重視し設計しています。逆に寝室は寝るための部屋として陽当たりや広さは必要ないと考え、寝室には光を充分とりいれなくてもよいのではと考える買い手が増えてきたためといわれています。

現在はユーザーのニーズに応えた物件のほうが指示をうけているので、空室期間が短くすんでいるという、貸し手にも有利なつくりとなっています。現在の物件は近隣の家賃相場に伴っており、古い間取りの物件との差別化が図れ、その平等性からさらに人気が高まっています。

それでは、貸し手にとって頭をアやませている古い間取りの物件を、住民を切らさず、常に入居してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

それにはまず築年数から家賃を下げることは尚更、上下水の配管を交換や給湯器の交換、換気乾燥機付のシステムオートバスへの入れ替え等、住居として住みやすくしなければ、人気の高い、相場相応のデザイン性にも間取的にも優れた近年のマンションとは差がついてしまいます。

それがユーザーのニーズに合った間取に変更する「リノベーション」なのです。古い建物をリノベーションして、借り手の個性に合ったライフスタイルをリーズナブルに過ごしたいというニーズが増えているため、リノベーションは最も注目を集めているので、古い物件をお持ちの方は、思い切ってリノベーションをすれば、HPやランディングページ制作で物件を探している方も納得してもらえる可能性はあります。また、若い世代は、シェアハウスの登場で。

ワンルームも賃料が下がっている傾向にあるようです。プライベート性の高いワンルーム物件よりもコミュニティとしての住居を重視されているということになります。これまでの様に都心の賃貸物件は、新しい物ほど賃料は横ばいで、築年数と間取タイプが古い物件は下落傾向が進んでいます。

そこに新しくリノベーション物件が登場しているです。借り手のライフスタイルにより、部屋も選べる時代となったいま、借りては選ぶ選択肢を多くもってきているということになり、貸し手は借りてのニーズにできるだけこたえることが、空室をつくらない秘訣ともいえるのではないでしょうか。”
“不特定多数のネットユーザーの目に触れるバナー広告の効果的な出し方は、表示先のサイトのコンテンツに同化させることです。宣伝対象者を指名することができないとはいえ、バナー広告が表示されるサイトの訪問者の特徴は限定的です。彼らにとってクリックすることが効果的であると感じさせるような出し方ができれば、少ない表示回数でも優れた結果をもたらしてくれます。

ソフトウェアのランディングページに遷移するバナー広告であれば、効果的な出し方には定石があります。まず、主として表示されるページを設定することが可能な環境を構築しておきます。続いて、インストールを想起するような文言で宣伝文章を作ります。ただし、宣伝したいソフトウェアの正式名称が一目瞭然となるアピール項目も示さなければなりません。そして、ネット上に溢れかえっているフリーソフトのインストールページに広告が表示されるようにするための作業を行えば準備は完了です。

ネットユーザーが特定のフリーソフトをインストールしようとしてとあるページにアクセスした場合、広告の設定に間違いがなければ宣伝バナーが表示されます。フリーソフトのインストールには時間がかかる場合が少なくないので、処理が完了するまでの間はネットユーザーは暇を持て余します。そんなときに作成した宣伝バナーを見つけたら、現状のコンピューターの環境をより一層使いやすくするために宣伝しているソフトウェアをインストールしてくれる期待が高まります。

ただ、肝心なことはバナーの内容とリンク先のランディングページがしっかり噛み合っているかです。いくらクリック率が高くてもランディングページの離脱率が高く、構成もQUESTやAIDMAの法則を無視した内容のランディングページではなかなか成約率に結びつかないです。そのためにはホームページの制作会社ではなく、実績のあるランディングページの制作会社に依頼することがポイントでしょう。

ホームページ制作会社やデザイン会社はコンバージョン率の考え方が弱くコンバージョンに結びつきづらい傾向が多いので事前にしっかり制作実績などもみてよく調べて依頼することが大事と言えるでしょう。

新宿のマンションコラム

新宿とは、東京都の都心部に位置する、東京都新宿区南西部の地名です。

JR新宿駅の周辺地区には新宿,西新宿,北新宿があります。歴史としては1698年(元禄11)甲州道中の宿駅として内藤新宿が 設けられ、新宿追分(おいわけ)からは脇往還の甲州道中「青梅(おうめ)街道」も分岐したといいます。江戸時代には品川、千住、板橋と並ぶ江戸四宿の一つとして栄えたといわれています。

さらに1885年(明治18)赤羽と品川を結ぶ日本鉄道(現,山手線)新宿駅が設置、89年には甲武鉄道(現,中央線)が開通し、路線鉄道の中心部の「新宿」としても不動のものとしました。さて、そんな交通に便利な新宿ですので、家を借りたい人も多くいます。一人暮らしの人も家族でも住めるよう、物件には困っていないかも。

現在新しいといわれる人気の高いタワーマンションのラトゥール新宿は新宿エリアに44階建て、842邸の賃貸マンションで、近年は2件ほど売買されているとのこと。ちなみにラトゥール新宿 2LDK 81.50が9,970万円です。人気のラトュール新宿はやはり7割近くも借り手がついているようです。家賃は13万から。ラトュールにしては比較的に敷居は低い方とのことです。以前出たのは一億弱の広い部屋だったと思うけど、今見たら4000万弱とか5000万台。まるでオフィスビルのようなエントランスをぬけた建物内は、スカイラウンジ、フィットネスルーム、スタジオ、キッズルーム、シアター、ラウンジ、パントリー、カフェ、マッサージルーム、ゴルフレンジ、コミュニティスペースなど、マンション内だけで生活ができてしまうような施設です。なので、ここで新規に安心して開業する企業も増えてきています。

環境は新宿というより御苑は公園沿いは交通の便はいいですが、交通量が少ないです。敷地に余裕のある古めのマンションが多いので うまく行けば安く買えれば建て替わることも考えられます。ただ古い物件は中々売りに出ませんので、建て替えを中心に期待はしないほうがよいかもしれません。プラウド新宿御苑エンパイアは億ションなのに即日完売でした。近所はスーパー丸正がありますので日々の生活にも困ることはありません。東は食べ物関係は充実しておりますが御苑辺りの物件の価格は高いです。

新宿の中心となる中央線は居住人口は巨大ですが富裕層の数が限られています。ほか山手線も小田急も京王も開通していますし、駅からは、住友3.4.5号館、ラトゥールと新宿までバス巡回しています。また都庁駅利用の大江戸線利用で、アクセスが格段によくなっています。

青山の家賃について

東京都の高級住宅街である青山周辺には高級ブティックやおしゃれなレストランがたくさんあり、散歩するだけでも素敵な場所です。著名な人たちも多く住んでいる住宅街としてもまた、地域の価値を挙げているように思います。

またデザイナーやクリエイターと呼ばれるクリエイティブ関連の方も多く住んでいます。また、芸能関係者、美容師、スタイリストなども多く住んでいます。

芸術や文化、アートや芸能と、あらゆる日本の文化が混在している街なのです。交通の便もよく、環境も最高なことから、住んでみたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

では青山の相場は実際いくらくらいなのでしょうか。不動産会社にもよりますが、たとえば青山一丁目駅周辺のマンションの家賃として、条件として駅から徒歩10分以内で2LDKの部屋であれば、青山一丁目や表参道駅から徒歩10分程度の2LDK45〜50平方メートルでは築15〜20年で家賃17〜20万円程度だといわれます。

ワンルームですと、80,000円〜150,000円くらいまで。

しかし、100,000円以下のお部屋ですと、16?(約6帖)程度の狭いワンルームになってしまいます。また、青山周辺は比較的古い(築20年以上)建物が多く 、オートロック付のお部屋も少なくなります。風呂なしアパートも何件かはあります。家賃は45,000円程度ですが、空きはあまり出ていません。

がとても人気なのです。駐車場は屋根無で5万円前後、屋根付で6万円前後が相場です。マンションの付属で、居住者には3万円前後で貸す駐車場もありますが、空きが少なく順番待ちや、抽選であったりと、なかなかすぐに借りる事はできないようです。金額は敷金、礼金、仲介手数料、前家賃等で、最初に家賃の6ヶ月分程度が必要になるのが相場です。近年は礼金がないところも多いので、不動産会社をじっくり探してみるのがよいかもしれません。

仲介手数料は賃料の1ヶ月分に消費税を加えた額になりますが、仲介手数料がないところもありますので、このあたりも下調べを十分にしたほうがいいでしょう。お得物件はホームページや物件毎のランディングページの制作をしっかりしている不動産仲介業者に依頼すると、意外な物件を探してもらえるので、優雅に新生活を始めたいものですね。

仲介業者の新規顧客開拓について考える

久しぶりの更新です。小学校の時に授業中にチビって泣いてしまった竹です。

今日は不動産の仲介業においていかに新規顧客開拓をするのかについて考えてみました。当社の取締役はネットについてはかなり詳しいのですが、実はインターネットの達人といわれながら、実際には、インターネットの現状について、意外にものを知らないんだなーって最近感じました笑。悪口ではないですwww

彼がインターネットの達人といわれるのは、当社でシステムエンジニアをやっていたときに、当社のサーバーに入りこんだハッカーをつかまえたことで社内でもかなり有名になったからですが、数年前といまでは、インターネットの世界は大違いです。当時は、世界でインターネットを利用している人なんて、六〇万人くらいしかいなかったからです。

現在はどうかといえば、数え方によって違いますが、数千万人から一億人といわれます。

インターネットをそんな昔から始めた人は、特別な領域の人でインターネットにも特別のはまり方をしてしまい、その後の展開を広く知っているわけではないのではと思っています。

「今夜のうちに僕は二十通のメールに返信しなければならない。チャットの誘いも三つある。ニュースグループも十は目を通さなければならない。ファイルだっていくつかダウンロードしなければならない。どうすりや全部できるっていうんだ?」

などというくだりは、ほとんど中毒一歩手前のはまりすぎであり、仕事ができない証拠と言われても仕方ないでしょう笑。

また、インターネットにはこういう情報がない、ああいう情報がないと文句をつけている部分の多くは、私にいわせると情報の探し方が悪いか、そういう情報を求めるのがそもそも間違っているといいたくなる求め方です。

インターネットは、いまニュース・メディアとしてもっとも優れたメディアとなっています。その質においても量においても、平均してスピードにおいても幅の広さにおいても、他のメディアを圧倒しています。どんな問題についてもちょっと大きな出来事なら、インターネットで集めた情報だけで本が一冊書けるほどではと思います。

そんなわけで私がひそかに取締役の座を狙ってます。。。

はっきり言って、ホームページ制作会社やリスティング広告とか、の営業力が無さすぎる。

営業力がない人で理論だけ言ってる人って好きじゃないんですよ。

赤坂のタワーマンションで優雅に生活し、美味しい食材をいっぱい食べよう!

港区といえば、「くさっても港区」という言葉があるように、港区に住居を構えたい人は多くると思います。

近年は、住居だけでなく、タワーマンションの建売が目立ち、港区内のいたるところで高層マンションが建設されています。好立地である以上は高値です。

しかしいまだに好評を期して販売されているタワーマンションが存在します。世間の住宅品質に対する関心が高まり、耐震性能をはじめ、セキュリティー、管理サービスなど多面的にマンションの価値が高くなってきている時代になったといえるでしょう。また昨年来、「超長期住宅」の推進が叫ばれ、今後住宅は、“長く住めるかどうか”が購入する上で大きな要素を占めているようです。

求められているのは幾世代も受け継がれていくような耐久性。ただ単に頑丈であればよい、というものはなく、人が住まいとして使う以上、いや時間が経ってこそ、その魅力が増し価値が高まるという建物こそが末永く資産性を保ち、結果長期的に愛される住宅となっていくと予想されます。

超長期の視点で立地を捉えてみると、ただ単に利便性が高いだけではなく、住まいとしての環境はどうか、暮らしやすい街並みかどうか、また住環境はどうなのかと、周辺環境も気になるところです。低層住戸へも人気が集まっているタワーマンションも存在しますし、古くから住宅街として親しまれてきた坂の風情だけでなく、敷地内の樹木で癒される自然環境などがそろっていれば、さらに高く評価されます。

立地の良さだけで判断せず、コンシェルジュやドアマンに加え、ベルスタッフ、ポーターまで要していれば付加価値はさらに上がり住みやすさも一段と上がります。

「東京ミッドタウン」(赤坂9丁目)や「赤坂サカス」(赤坂5丁目)などは再開発目白押しの東京の赤坂にあって、なかでも 今ひときわ注目を集めるエリアです。広大な緑、東京ミッドタウン・六本木ヒルズを望む好立地。新緑地の自然環境も整う中、建物のデザインも斬新で、サービスの充実度でさらに満足度は高まっているようです。

高級タワーマンションで住まいと同じ場所で開業することになります。

年収。これは男にとってのステータスであり実績。

年収。これは男にとってのステータスであり実績。不動産業なのでお客様がどんな仕事をして、どれだけお金を稼いでいるかは日々の業務で目を通す。

今回のコラムのテーマは『恋人(女性)が給与の事を聞いてきた時の男性のリアクション』という面白い記事があったので、それについてのコラムを書いていこう。

女性ならば自分が結婚などを考える相手や合コンで知り合って気になる男性の『給与』は当然気になるものである。これは女性の性格や考え方がひん曲がってるわけではなく、

人間という動物の本能である。女性は自分の身を守ってくれて安全に子孫を残す事が出来る男性に惹かれてしまう。どんなに周囲からイケメンと呼ばれスポーツが万能でモテモテ

でも『結婚』を考えた際に『人生』という言葉が重くのしかかってきてしまう。学生や若者の彼氏彼女と呼ばれる恋人関係ならば、『イケメンだから』『モテるから』の理由だけで

好きになることができるが、結婚を考える相手には自分がこの人と人生を安心して歩めるか?子供をしっかり育てていけるのか?などの動物的本能が働いてしまう。

よって女性は少なからず、仮に結婚を考えていなくても自分のパートナーの給与は気になるものである。しかし男性にとっては大変デリケートな問題。自分が満足するくらい稼いでる方は給与もオープンで何の恥ずかしい事はないという人もいると思うが、そんな高所得者は日本ではほんの一握り。さすがに人様に見せれる給与じゃない、ましてや自分の好きな恋人に知られるのなんて恥ずかしい、嫌われたらどうしようなどと考えてしまうのが自然だ。

今回読んだ記事には、その男性のもっともデリケートな部分に問いかけた勇気ある女性たちから寄せられたアンケートの集計をまとめたものである。

Aさん IT系専門職 26歳

『お互いに結婚を考えていたので、これまで公表していなかった互いの年収を見せ合ったら、彼より私の方がはるかに高く彼が卑屈になった』

Bさん 大手事務職 32歳

『40歳を超えている彼と給与を比べたら、彼の給与が驚くほど少なかった。私は気にしなかったけど彼が申し訳なさそうに謝ってきた。本当に悪いことをしたと思う。』

やはり恋人の方が年収が高いという事実を知ると、男性は絶対ショック。ただここでショックを受け、しょぼくれてる男ならば、とっとと切り捨ててしまえばいい。

男性はここで『恋人に見捨てられなくて幸いだ。なんていい女なんだ。よし仕事頑張って俺が楽にさせてあげよう』という意思をもってほしいものだ。

年収を恋人に仕方なく見せる男もいれば隠し続ける男もいる。

Cさん 無職 23歳

『年収の話をよくしますが、いつも話をそらされます。職業が土木の見習いで学歴が中卒だから最初から期待してませんが、やはり気になってしまう。』

Dさん 美容師 27歳

『ブランド品を身にまとい、お洒落でお金持ちオーラぷんぷんだった彼ですが、仕事や年収の話は一切せず、ただIT系の社長としか聞いてませんでした。しかし結局フタをあけてみるとただのサラリーマンでブランド品は上司や友達のおさがりばっか。財布が高級でも中身が寂しかったら意味ないじゃん。速攻別れました。』

なんと隠すだけでは飽き足らず、女性を騙し年収を偽るという男までいる始末です。これはひどい!!

逆にこんな心温まる話も・・・

Eさん 飲食店 24歳

『給料が低いことを打ち明けられ、これからどうしていくかを前向きに考え語ってくれた。ますます彼が好きになりました。』

Fさん 事務職 26歳

『付き合う前にしっかり今の自分の給与がどれくらいで、3年後には増えるように頑張るから余裕ができたら結婚しようと意気込みを語ってくれてから3年。今では彼は部長職。子供もできて、幸せな家庭を築いています。』

例え男性の収入の方が少なくても、二人で前向きに突き進んでいくことが大切。

どっちの年収が上だという問題は人それぞれ考えが違う。女性が活躍する時代だからこそ、たとえ年収が低くても男性陣は頑張らなくてはならない。

賃貸マンションに婚約者や夫婦、カップルで住みたい人たちを見ていると女性の方が契約者になるパターンは珍しくない。

男性もこの現実に億劫にならず、『次はもっと素敵で高級なマンションを俺が借りてやる!』と意気込んでほしいものだ。

24時間態勢で受付が可能

インターネットなら、真夜中だろうが明け方だろうが、最新で詳細な情報を入手できる。商品情報にしても、今後は画面上でこと足りてしまうことが多くなるに違いない。世界を相手に仕事をするとなれば、昼夜の区別のないビジネスを展開する必要が出てくる。

たとえば、24時間体制でンディングページを制作している航空会社がある。国際線のある航空会社なら、天候によるフライトスケジュールの確認などは世界中からやってくる。理想は30カ国語に対応できる電話番を24時間はり付けておくことだが、不可能に近い。可能だとしても膨大な費用がかかってしまうだろう。

ところがインターネットなら、専門のオペレーターが24時間必要というわけではない。世界中にイントラネット(インターネットに近い企業内ネットワーク)を張り巡らせてあれば、その時間に稼働している支社が問い合わせの返事を出せばすむのだ。

もちろん、カタログ請求や商品発注といった作業は24間受付可能だ。FAXでの注文と同様に、ユーザーは自分の好きな時間に発注を行うことができる。発注を受けた会社は、翌朝、メールを聞いてから発送作業に取りかかればいいのだ。