作成者別アーカイブ: zero

ランディングページ広告は安くあがる

これまで、いろいろな業者のランディングページ作成料金を見てきた。また、飯島整骨院のように広告戦略までを含めて数百万で請け負うという会社もある。

だが、ほかの広告媒体を考えていただきたい。たとえば、雑誌の広告や新聞のチラシは、有名人タレント、著名なイラストレーターやデザイナーを起用しなければならないし、だいたいの相場ができ上がっている。
ところが、ランディングページ制作で今回取り上げた例に関しては、有名なタレントやイラストレーターは起用していない。それでこれだけの価格差が生じている。
もちろん、高額な料金を取るところはそれなりのデキが保証されるし、価格が安ければ不安感もある。だが、高ければすばらしいものが上がってくるとはかぎらない。安いからダメだと思うのも早計だ。高額な料金設定の場合には、単にランディングページ作成だけの料金ではなく、マーケティングなどを含んでいる場合もある。とにかく細かな見積りをとって、数社で比較していただきたい。

既存の広告媒体は、代理店の規模によって広告を出せないこともあった。つまり、テレビや新聞のいい場所へ広告を出そうと思ったら、それなりに規模の大きな代理店に依頼する方法しかなかったのだ。ところが、ランディングページの広告なら、個人でさえ掲示することができる。最低限の垣根が取り払われてしまっているのである。

ランディングページ制作は、想像以上に安く作ることもできる。そして、単に立ち上げるだけなら掲載料はかからない。既存の広告媒体と比較すると、非常に魅力的なことは間違いない。

仲介業者の新規顧客開拓について考える

久しぶりの更新です。小学校の時に授業中にチビって泣いてしまった竹です。

今日は不動産の仲介業においていかに新規顧客開拓をするのかについて考えてみました。当社の取締役はネットについてはかなり詳しいのですが、実はインターネットの達人といわれながら、実際には、インターネットの現状について、意外にものを知らないんだなーって最近感じました笑。悪口ではないですwww

彼がインターネットの達人といわれるのは、当社でシステムエンジニアをやっていたときに、当社のサーバーに入りこんだハッカーをつかまえたことで社内でもかなり有名になったからですが、数年前といまでは、インターネットの世界は大違いです。当時は、世界でインターネットを利用している人なんて、六〇万人くらいしかいなかったからです。

現在はどうかといえば、数え方によって違いますが、数千万人から一億人といわれます。

インターネットをそんな昔から始めた人は、特別な領域の人でインターネットにも特別のはまり方をしてしまい、その後の展開を広く知っているわけではないのではと思っています。

「今夜のうちに僕は二十通のメールに返信しなければならない。チャットの誘いも三つある。ニュースグループも十は目を通さなければならない。ファイルだっていくつかダウンロードしなければならない。どうすりや全部できるっていうんだ?」

などというくだりは、ほとんど中毒一歩手前のはまりすぎであり、仕事ができない証拠と言われても仕方ないでしょう笑。

また、インターネットにはこういう情報がない、ああいう情報がないと文句をつけている部分の多くは、私にいわせると情報の探し方が悪いか、そういう情報を求めるのがそもそも間違っているといいたくなる求め方です。

インターネットは、いまニュース・メディアとしてもっとも優れたメディアとなっています。その質においても量においても、平均してスピードにおいても幅の広さにおいても、他のメディアを圧倒しています。どんな問題についてもちょっと大きな出来事なら、インターネットで集めた情報だけで本が一冊書けるほどではと思います。

そんなわけで私がひそかに取締役の座を狙ってます。。。

はっきり言って、ホームページ制作会社やリスティング広告とか、の営業力が無さすぎる。

営業力がない人で理論だけ言ってる人って好きじゃないんですよ。

赤坂のタワーマンションで優雅に生活し、美味しい食材をいっぱい食べよう!

港区といえば、「くさっても港区」という言葉があるように、港区に住居を構えたい人は多くると思います。

近年は、住居だけでなく、タワーマンションの建売が目立ち、港区内のいたるところで高層マンションが建設されています。好立地である以上は高値です。

しかしいまだに好評を期して販売されているタワーマンションが存在します。世間の住宅品質に対する関心が高まり、耐震性能をはじめ、セキュリティー、管理サービスなど多面的にマンションの価値が高くなってきている時代になったといえるでしょう。また昨年来、「超長期住宅」の推進が叫ばれ、今後住宅は、“長く住めるかどうか”が購入する上で大きな要素を占めているようです。

求められているのは幾世代も受け継がれていくような耐久性。ただ単に頑丈であればよい、というものはなく、人が住まいとして使う以上、いや時間が経ってこそ、その魅力が増し価値が高まるという建物こそが末永く資産性を保ち、結果長期的に愛される住宅となっていくと予想されます。

超長期の視点で立地を捉えてみると、ただ単に利便性が高いだけではなく、住まいとしての環境はどうか、暮らしやすい街並みかどうか、また住環境はどうなのかと、周辺環境も気になるところです。低層住戸へも人気が集まっているタワーマンションも存在しますし、古くから住宅街として親しまれてきた坂の風情だけでなく、敷地内の樹木で癒される自然環境などがそろっていれば、さらに高く評価されます。

立地の良さだけで判断せず、コンシェルジュやドアマンに加え、ベルスタッフ、ポーターまで要していれば付加価値はさらに上がり住みやすさも一段と上がります。

「東京ミッドタウン」(赤坂9丁目)や「赤坂サカス」(赤坂5丁目)などは再開発目白押しの東京の赤坂にあって、なかでも 今ひときわ注目を集めるエリアです。広大な緑、東京ミッドタウン・六本木ヒルズを望む好立地。新緑地の自然環境も整う中、建物のデザインも斬新で、サービスの充実度でさらに満足度は高まっているようです。

高級タワーマンションで住まいと同じ場所で開業することになります。

今日は今人気沸騰中のエリア【田町】のタワーマンション

今日は今人気沸騰中のエリア【田町】のタワーマンションについての記事をライティングしていきたいと思う。

田町は森永製菓や三菱自動車工業などの本社や外資系企業のオフィスなどが多く、一昔前まではオフィスエリアや工業エリア としてのイメージが強かった。

しかし最近では高層タワーマンションが次々と建設されている。

都内の高層タワーマンションの相場より比較的安い家賃で借りる事ができ、東京都下のビューを楽しむことができる。

★田町の人気タワーマンション★

ベルファース芝浦タワー(Belle Face Shibaura Tower)

エクサージュ海岸

パークタワー芝浦ベイワード アーバンウイング

芝浦アイランドグローヴタワー

キャピタルマークタワー(CAPITAL MARK TOWER)

芝浦アイランドケープタワー

ベルジュ三田

パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウイング

カテリーナ三田タワースイート イーストアーク ?カテリーナ三田タワースイート ウエストアーク

ベイコート芝浦

ヨコソーレインボータワーハイツ

ザ・タワー芝浦(旧パシフィックタワー芝浦)

グランパークハイツ

芝浦スクエアハイツ

インプレストタワー芝浦エアレジデンス

パークタワー芝公園

芝パークタワー

東京ベイシティタワー

LOOP-M(ループエム)

ラ・トゥール三田(La Tour MITA)

ザ・イトヤマタワー

比較的安い家賃で借りれることがメリットだがスーパーや薬局などの食料品のお店や病院などがまだ少なく住環境面で少し物足りないのが今後の課題になってきそうだ。

リエトコートアルクスタワー

リエトコートアルクスタワー

日本の首都、東京都の中心地『中央区』。 その中心に聳えるのが中央区銀座エリアを代表する高級タワーマンション『リエトコートアルクスタワー』 である。

駅は新富町、銀座、東銀座、築地が利用可能で、銀座を完全に生活圏内にいれた暮らしを実現できる。

リエトコートアルクスタワーの『リエト』とは楽しい・幸福などの意味をもつイタリア語である。 イタリアの国の方の『楽しい』『幸せ』という感覚がわかる人にはピッタリのタワーマンションという事だ。 (多少無理やりですいません・・・)

パンツェッタ・シローラモは有名なサッカー選手を除けば、我が国日本でもっとも有名なイタリア人だ。 そんな彼が書いた本『イタリア人式楽観思考法』。 ユーロの危機によってヨーロッパ全域が経済不況に陥ってしまったときにイタリア人だけが 『私は不幸だ』と嘆かずに不幸を受け止め、不幸の中にも小さな幸せを探し、ポジティブに 明るく楽しく生活しつづけたそうだ。 「経済が悪いことと、自分の幸せは関係ない。残念な結果だって、明るく楽しい思い出に早変わり。 3万円で、30万円に匹敵する楽しみを満喫する。嫌いな人こそ、長所を探してほめる。 お洒落になれば、内面まで綺麗になる。明るくポジティブに生きる方法』 とこの本に記されている。非常に感銘を受ける文章だ。

幸せとはなんなのか? 沢山食べる事。仕事が上手くいくこと。好きな人と両想いになること。友達と交流すること。 幸せは個々に違ってくるものであり、それはどんな不幸な状況だろうと自分で幸せを見つける 努力をすれば簡単に幸せになれるのだ。

例を挙げるとしよう。 【女子力】という流行の言葉がある。 『?ちゃん化粧上手いね。本当女子力高い!』『?ちゃんは女子力高いからきっと料理も完璧だよ』 我々男からみて『可愛いを演じている』という考えを持ってしまうがそれは違う。 【女子力】とは『何歳になってもいつまでも美しくいる努力』の事を指すようだ。 オシャレをすれば内面まで綺麗に美化されるということらしい。

話はだいぶ飛んだが、リエトコートアルクスタワーは入居者全員が1人1人の幸せを見つけれる 高級タワーマンションなのだ。

CREVIA RXE表参道【クレヴィアリグゼ表参道】

この表参道の街に新たに誕生する高級マンションがある。 不動産大手企業、三井不動産が管理を勤める『CREVIA RXE表参道【クレヴィアリグゼ表参道】』だ。 最寄りの表参道駅からわずか徒歩6分。 表参道の物件と聞くと駅から10分くらい歩いても賃料が落ち着かないイメージだが、この CREVIA RXE表参道【クレヴィアリグゼ表参道】は1R?1LDKまでのシングルスメインで 賃料も非常に優しい。

新築 好立地 破格となれば爆発的な人気を誇るのは目に見えた結果である。 現実、表参道に誕生してきた新築の物件達は高級マンション、普通のマンションに関わらず 人気を誇ってきた。 恐らくこのCREVIA RXE表参道【クレヴィアリグゼ表参道】も募集が開始され一般公開がされれば すぐさま空きがなくなってしまうだろう。

予定としては9月中旬に仲介業者に向けた内覧会が行われ、9月末に一般のお客様にも公開が され内見ができるようになる。 原宿や青山エリアにお勤めの方や表参道という街が好きな方にはオススメです。

表参道は並木通りやオシャレなブティックが目立ちますが東京善光寺などの昔ながらの建物も 通りから1本入った場所に建ってられおり、もう一つの表参道の顔が見えるでしょう。

シャープでシンプルな外観、快適な室内空間、圧倒的な立地条件、全てが叶うこのマンションCREVIA RXE表参道【クレヴィアリグゼ表参道】ぜひご内覧して見てはいかがでしょうか?

ストーリア品川

設備がハイスペックな高級あ設備がハイスペックな高級マンション、見た目に重厚感と品がある高級マンション、 大規模で戸数が非常に多いタワーマンション、どれも比較的『分譲賃貸』である 率が高い。

『分譲賃貸』とは? もともと分譲用として建てられたマンションを購入した方が賃貸に出す事である。 購入者が賃貸に出す理由は様々である。

・元々家賃収入が欲しくて購入した ・仕事の都合で海外へ。買った部屋は誰かに貸そう・ ・息子の為に購入したが、肝心の息子はこれから海外へホームステイ。戻ってくるまで貸そう。 などなど様々である。

分譲賃貸のメリットはよりリーズナブルな価格でハイグレードな分譲マンションに住める 事が1番の理由である。購入するのと借りるのでは初期費用の差が激しい。 よって『分譲賃貸に住みたい』という条件の方もいらっしゃるのだ。

ただ分譲でなく普通の賃貸マンションが劣っているという考えは間違いである。 それを証明してくれるのが【ストーリア品川】だ。

こちらは分譲ではなく賃貸マンションだ。 分譲マンションにも劣ることないホテルライクなロビーや有能なコンシェルジュフロント 。 品川駅直結のスカイウォークを利用すれば雨にぬれることなく移動が可能である。

またストーリア品川はSOHOが可能である。 品川というビジネスの街で仕事を始めるユーザーにとっては最適の物件と言えるであろう。

羽田空港や成田空港へ直接アクセスが可能な日本の入り口とも言える場所なので 非常に人気の高い物件である。

ストーリア品川のコンシェルジュは365日24時間、年中無休で稼働している のもひとつのメリットと言えるだろ。

住居として、またはSOHO事務所としても利用可能なストーリア品川は人によっては分譲賃貸マンションに勝るマンションとも言えるであろう。マンション、見た目に重厚感と品がある高級マンション、 大規模で戸数が非常に多いタワーマンション、どれも比較的『分譲賃貸』である 率が高い。

『分譲賃貸』とは? もともと分譲用として建てられたマンションを購入した方が賃貸に出す事である。 購入者が賃貸に出す理由は様々である。

・元々家賃収入が欲しくて購入した ・仕事の都合で海外へ。買った部屋は誰かに貸そう・ ・息子の為に購入したが、肝心の息子はこれから海外へホームステイ。戻ってくるまで貸そう。 などなど様々である。

分譲賃貸のメリットはよりリーズナブルな価格でハイグレードな分譲マンションに住める 事が1番の理由である。購入するのと借りるのでは初期費用の差が激しい。 よって『分譲賃貸に住みたい』という条件の方もいらっしゃるのだ。

ただ分譲でなく普通の賃貸マンションが劣っているという考えは間違いである。 それを証明してくれるのが【ストーリア品川】だ。

築年数15年以上のマンションを売るためのコツ

こちらは分譲ではなく賃貸マンションだ。 分譲マンションにも劣ることないホテルライクなロビーや有能なコンシェルジュフロント 。 品川駅直結のスカイウォークを利用すれば雨にぬれることなく移動が可能である。

またストーリア品川はSOHOが可能である。 品川というビジネスの街で仕事を始めるユーザーにとっては最適の物件と言えるであろう。

羽田空港や成田空港へ直接アクセスが可能な日本の入り口とも言える場所なので 非常に人気の高い物件である。

ストーリア品川のコンシェルジュは365日24時間、年中無休で稼働している のもひとつのメリットと言えるだろ。

住居として、またはSOHO事務所としても利用可能なストーリア品川は人によっては分譲賃貸マンションに勝るマンションとも言えるであろう。

愛宕山タワー

愛宕山タワー

この世の中ではモノを生み出す生産者とそのモノを求める消費者が存在し、上手く世の中が まわっている。当然であり当たり前の循環構想であるが生産者側にはモノを消費させる『技』、 消費者にはモノを見極める『術』が用いられている。

消費者が商品を求めるときに惹かれるものとは何か? 1『最新、新製品』新品やおNEWなども同様で、新しいもの最先端のものに惹かれる傾向が高い 2『限定』これもプレミア感や他の人と差をつけたがる人には必要不可欠な要素。 3『1位、1番人気』これは売れ筋だったり、某深夜ランキング番組などで取り上げられそうなもの 4『先着、早いもの勝ち』3番の限定とも似ているが、こちらは数量の度合いを示す。早く手に入れたい という欲求を生み出す。

この条件というのは家電製品でも食品でも衣服類でもAKBでも生産者が消費者に消費してもらえるように 構築し消費者が厳選する材料となるものさしである。

これは賃貸マンションにも同じような事が言える。 1の最新、新商品であれば、今年新築のマンションや新しい設備などが上げられる。 2の限定であればこちらはプレミア住居というものが当てはまる。 愛宕山タワーは人気高級マンションランキング(当社調べ)の上位にランクインする高級 タワーマンションだがこの愛宕山タワーの26階?28階はプレミア住居そして29階? 30階はスペシャル住居という位置づけがされている。これも他とは違ったお部屋で差別化を 図りたい方やプレミア感を味わいたい人に非常に人気で問い合わせも多い。

3の人気だが昨年度この愛宕山タワーは高級マンションランキング1位に輝いた実績のあるマンションで。 さらに人気が高い=物件の足が早いという事になるのでこの4の条件も満たすと考える。 まさに愛宕山タワーこそすべての消費者の理想に近い高級タワーマンションと言えるだろう。

愛宕山は名の通り軽く山になっており高台の位置にある。 高層階のプレミア住居、スペシャル住居からはその部屋からしか見られない六本木、赤坂、港区の 素晴らしい景色が楽しめる。

その他にもプレミアム住居、スペシャル住居にはプレミアムやスペシャルな事が目白押し ・・・これは内見してみてからのお楽しみ。

六本木ヒルズクラブレジデンス

六本木ヒルズ』 誰もが人生の上で1階は聞き覚えのあるワードだと思う。

歴史はさかのぼり江戸時代。大名屋敷や海外からの使いが好き好んで住んでいた土地が今の 六本木である。この時代から外国人が多く訪れる街であった。

2003年に超大規模都市開発により誕生した六本木ヒルズ森ビルタワー。 その敷地に建てられたのが『六本木ヒルズクラブレジデンス』である。 高級分譲賃貸マンションとして建てられ、バブル崩壊後、日本を活気づけた建築物であった。

建設にはなんと17年の月日を費やした。それだけ周囲の期待が大きかった。 大ヒット映画ALWAYS 三丁目の夕日でも描かれた東京タワーができるまでの下町住人の 期待と全く一緒である。 日本でけでなく世界がバブル崩壊後の不景気の時代を打破できるような建物に注目したのだ。 著名人ではロシアの大統領プーチンさんがわざわざ訪れたくらいである。

説明不要だがこれだけの期待と希望を乗せたタワーマンションだけに相当な裕福層の人間たちが 住みついた。 『六本木ヒルズ族』 聞き覚えはあるだろう。六本木ヒルズに住んでいるのがステータス。冨の象徴。女を口説く際の とどめの一言。 彼らは物件の住みやすさやデザイン、六本木の治安などよりも六本木ヒルズという名のブランドで このランドマークタワーに住むことを決めた。 さらには『ネオヒルズ族』も登場し与沢翼などが脚光を浴びた。

この頃から不動産業界では仲介業者の必要性が問われた。 六本木ヒルズに住みたいなら森ビルに行けばいい。なぜわざわざ仲介料を払って仲介業者 を入れるのか。君たちは損をしている。 こう訴えのはホリエモンこと元ライブドア社長の堀江隆文氏である。 仲介手数料無料の概念はこのころから生まれたのである。

それにしても六本木ヒルズのブランド力は衰えない。 現在では2003年築の物件と聞いてもパッとしないし、新しいとは言い切れない。 新築で高級タワーマンションなどが数々建てられている中で、設備もグレードも 新しさも見た目も六本木ヒルズが劣っているのは目に見えている。 なのに現在でも人々が熱いまなざしで見つめる六本木のあの建物のブランド力は 計り知れないものでありこれから先も人々の憧れのタワーマンションとして輝くだろう。

グレイスコート西麻布

西麻布交差点の近くに佇む本物件『グレイスコート西麻布』 全く同じ外観フォルムの塔が4棟あり、これが全てグレイスコート西麻布になる。

?棟と?棟に分けられており、主に六本木や麻布界隈を中心とした西麻布2丁目の単身者向け コンパクトマンションとして高い人気を誇る高級マンションだ。

『観光とビジネスの街、六本木』 都営大江戸線の街案内アナウンスでも有名なビジネス街、六本木。 そしてバーやクラブ、有名高級料理屋などがひしめき合う西麻布が生活圏内となる。

六本木の会社が職場のビジネスマンの方には通勤面で非常にありがたい位置にある。 西麻布が好きなオトナな方も自宅が同じ町にあるという感覚は味わってみたいもの だと思う。

駅は日比谷線、六本木駅、広尾駅が利用可能だ。 駅から多少距離はあるが、この一帯が好きな方は全く苦にならない遠さだと思う。 逆にこの麻布・六本木界隈が苦手な方にはオススメはできない。 この街独特の雰囲気と華やかさ、そして騒がしさを楽しめる方ならきっとご満足いただける 物件間違いなし。

この物件の特徴はまずペットの飼育ができること。 最近ではペットを飼う単身者も増えてきている(私も)のに合わせペット可の物件も 増え続けている。

しかしまだペットが飼える物件は全体の3割に満たないのが残念だ。 ましてや麻布・六本木エリアは日本一高価な土地『港区』を代表するくらい高級エリア。 裕福でペットを飼える経済状況の方が多い街なのは必然と言えるだろう。 それなのにこの麻布・六本木エリアでもペット可の物件は少ないのが現実である。 グレイスコート西麻布はペットを飼っていてこの街が好きな方には外せない物件だ。

そしてもう一つ、このグレイスコート西麻布の魅力はお得なキャンペーンにある。 お決まりの『仲介手数料無料』、『礼金0円』そして『フリーレント(家賃1か月分タダ)』 この3つの特典が、やはり決めてであろう。引っ越し時の初期費用が大幅に削れだいぶ身軽に なる。