カテゴリー別アーカイブ: 佐竹の時事問題

車について

正直自分は『車』についてなんの関心も興味もなかった。 もちろん車の免許は持っているし自分の親や兄弟が乗ってる車の車種くらいはわかる。

ただ車に人生をかけている人や『男のロマンは車だ!』という人の気持ちは理解しがたい 部分がある。

しかし最近、不動産営業を通して高級賃貸を取り扱う際にあることに気付いた。 それはほとんどのお客様が車に関心を持っているという事だ。

『佐竹さんはどんな車が好きですか?』 男性のお客様には良く聞かれるワードだ。 いつも 『車にあまり詳しくないんですよ』 と答えて驚かれるお決まりの流れが構築されている。

このままじゃまずいと思い、買う買わないは別として乗りたい車を足りない知識で ランキングしてみた。

第3位 日産 エクストレイル 2000年に日産自動車から販売されたSUV。 友達が乗っている車で直感でカッコイイと思った車だ。 アウトドアな雰囲気とコンパクトな感じがピンときた。 …それ以外は詳しくわかりません。すいません。 とりあえず友達が乗っててかっこよかった。

第2位 マツダ ロードスター マツダの二人乗りオープンスポーツカー。 実はかっこだけでオープンカーに乗りたいという願望が出てきて お客さんに一番手ごろなオープンカーを聞いたらロードスターという回答が来た。 デザインも直感で好きだし、現実的にもし購入するのであればロードスターを買うと 思う。ただ二人乗りというのが残念だ。

第1位 シボレーカマロ 栄えある第1位はシボレーのカマロ。 先程オープンカーに乗りたい願望があると言ったがその理由がこの車に惚れてしまった からだ。 大好きな海外ドラマ『ラスベガス』で主人公ダニーマッコイ演じるジョシュデュアメル が黄色いシボレーカマロに乗っているのを見て自分も乗り回したい衝動に駆られた。 トランスファーマーは見たことがないがこの映画も主人公がシボレーカマロのイエロー を乗り回している。東京に住んで5年になるが街中でこの車を見かけたことは1度しか ない。

英語のランディングページは外国人に有効か?

国内の市場規模が大きいとは言っても、自社だけが独占的に利益を上げられるわけでもないので競争が必要不可欠です。似たような商品を複数の企業が独自に販売しなければならない状況下では、営業力が高いところに軍配が上がります。

さらには、日々刻々と変化する社会情勢によっても違いがあります。そのため、視野を大きく広げて外国人を相手に商売を展開することは賢い決断と言えます。世界中の見込み顧客を相手に営業活動を行うことになるので、国内市場のように熾烈な競争は発生しにくいからです。

外国人向けにランディングページを作成することは、世界中の市場を意識した能率的な戦略です。LPの内容が素晴らしければ、海を渡らなくても宣伝活動を優位に進めることができます。しかしながら、外国人向けのランディングページを作成するにあたっては英語でコンテンツを生み出す必要があります。

もしも英語能力が高い人物が身近にいたり自身の語学力が優れていると感じていても、LPを公開する前の文章チェックはネイティブスピーカーにお願いするべきです。ランディングページとしては有効な文章を作成できていたとしても、使われている言葉が古かったりする可能性があります。

また、言葉は日々進化しているので相手を罵るときに使う単語が、英語圏の国では何かを賞賛するときに多用されるようになっていることが無きにしもあらずです。ですから、厳しいチェックをしてもらい一段と有効な文章を作り出すことが求められます。

反響や売上に繋がるDMの挨拶文の書き方

imagesお客様からの反応が良くなったり、売上につながるランディングページの挨拶文を作成するにはどのような内容を考えていけば良いのでしょうか。それにはまず売り込みたいターゲットを明確にします。なぜかと言うと挨拶文の内容というのはそのターゲットによってそれぞれ異なる伝え方をしなくてはいけないからです。

伝えるターゲットによって興味を引く言葉というのは様々なのです。例えば、なぜ今回このようなものを送付するのか理由を伝える、というテクニックがあるとします。「弊社の製品△△を広く知っていただきたく」という文言を入れて興味のありそうなターゲットにDMを送るという手があります。なぜこのようなことをするのかと言うと、受け取る人はなぜ自分に届いたのだろうと疑問に思うものなのでどういう目的で送ったのかを明確にする必要があるのです。次にターゲットが興味を引くコツとしては、お客様にとって何が得でメリットがあるのかをわかりやすく伝えるということです。

お客様は特に興味のないものを最初から最後まで目を通さないので挨拶文でどんなメリットがあるのかを伝えます。さらにサービスを一度でも利用してくれたお客様については、お客様自身が特別な存在であることを新規のお客様とは区別して伝える必要があります。例えば、「いつもご購入いただいているお客様のために今回特別に」、「会員様限定で今だけ」というような文言で特別感を出します。なお新規のお客様については、社名のみならず自分の名前も名乗ると印象が良いでしょう。DMの差出人が個人名であることは、相手に親近感を持ってもらうことにつながります。

不動産業界の場合だと、DMを顧客に送るときに代表者の個人名で送るのが有効かもしれませんね。ぜひおためしあれ〜(*´Д`)あばばばばばあばばばばあば

.jpg

LPを活用して集客する方法

LPを集客に活用する方法をご紹介します。
まず初めに、ご理解いただきたいのは『LP制作(ランディングページ)』での集客力というのは非常に乏しいということです。そもそも、サイトは検索をした時に上位にあるものから見られる傾向があります。そのため、SEO対策をしっかりと行い、上位に表示されるようになっているサイト以外はサイト単体での集客力はほぼないと言えます。
しかし、サイトにはその特性を活用することで他の販促ツールの効果を何倍にも増やすことができるとても便利なツールです。
サイトの特性とはどんなものでしょうか。
まず挙げられるのが、情報量の多さです。例えば、A4サイズのチラシであれば、裏表と紙面が限られます。そのため、伝えることができる情報量が限られます。しかし、サイトは情報量はほぼ無制限です。伝えたいことをいくらでも掲載することができる。しかも、バーコード技術の発展とスマートフォンの普及によりQRコードを載せておくだけでどこでも簡単にアクセスできるようになっています。
また、公式サイトを所有していることに対しての信頼感は馬鹿にできません。現在、口コミサイトでお店を知ったという方が非常に多くいます。しかし、口コミサイトは個人の主観で書かれているため、そこからさらに店名で検索する傾向があります。この時に公式サイトに掲載されている情報で、最終的に来店するかどうかを決める場合が多く、公式サイトがないから来店をやめるというケースも決して少なくありません。
さらに、サイトにお問合せフォームや資料請求フォームなどを設け、問い合わせがあったお客様の情報を見込み客リストとして後の販売活動に活かしていくという使い方もあります。

まとめると、LPは単体ではなく連携させて活用することで売上向上の強力な武器になる素晴らしいツールであるということをご理解いただけると使い方が見えてくるのではないでしょうか。

画像 イ

LPOで重要なことはクロージングコンテンツ!?

みなさんもSEOやリスティング広告とか様々な施策を日々しているかと思いますが、ネット集客での最大のポイントってなんだと思いますか?

実は一番重要なことはLPO(ランディングページ最適化)が最も重要なんです。
理由は単純で”アクセス数×成約率=売上”なんです。

恐らく頭のいい人はすぐご理解いただけたでしょうw
つまり、いくら広告を打っても成約率が悪ければ意味がないんです。

だからネット集客でもLPOが最も重要なんですね。

今日はそのLPOの中でも、一番成約率に関係してくるクロージングコンテンツについてお話させていただきます。

クロージング:今しかない!と促進する重要な要素

最後に、表示される『クロージング』では、購入は今しかない!と思ってもらうようなコンテンツにします。

今購入しなければと思ってもらえるように、期間限定品や購入者へのノベルティグッズ、今だけスペシャルプレゼントなどの特典を準備することで、訪問者に購入をしてもらえるような気持ちにさせてることができます。
●簡単に
簡単3ステップ、入力1分、メールを入力するだけなど
●今だけ
先着○○名様、期間限定など
●これしかない
購入者特典、限定プレゼント、サンプル提供など

まとめ
すごい単純な話なのですが、人ってキャンペーンに弱いんですよ。今回はあくまでひとつの案として参考になればと、ポイントのみをお話しました。ランディングページ制作はインターネット広告やリスティング広告からの最初のページです。広告元の内容や検索キーワードとの連携を考慮しながら、訪問者に一方的に情報を伝えるのではなく、訪問者の要求を満たす要素を示すことが、効果UPにつながります。ご参考になると嬉しい限りです。

ではでは〜( *´艸`)

都心の賃貸相場は下落しているか?

都心の賃貸相場は「横ばいまたは下落傾向にある」と言えます。現在都心の賃貸事情を見ていると、集合住宅が多く建築された時期と重なり、とくに築年数が30年を超える物件の多くは間取りが古取り方なので、寝室を開口部側にある物件が多いようです。これは、リビングを日中にくつろぐスペースとして考えられていなかったといわれています。

現在この様な物件は家賃を下げています。現在はリビングの陽当たりや快適性、また広さを重視した間取りを重視し設計しています。逆に寝室は寝るための部屋として陽当たりや広さは必要ないと考え、寝室には光を充分とりいれなくてもよいのではと考える買い手が増えてきたためといわれています。

現在はユーザーのニーズに応えた物件のほうが指示をうけているので、空室期間が短くすんでいるという、貸し手にも有利なつくりとなっています。現在の物件は近隣の家賃相場に伴っており、古い間取りの物件との差別化が図れ、その平等性からさらに人気が高まっています。

それでは、貸し手にとって頭をアやませている古い間取りの物件を、住民を切らさず、常に入居してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

それにはまず築年数から家賃を下げることは尚更、上下水の配管を交換や給湯器の交換、換気乾燥機付のシステムオートバスへの入れ替え等、住居として住みやすくしなければ、人気の高い、相場相応のデザイン性にも間取的にも優れた近年のマンションとは差がついてしまいます。

それがユーザーのニーズに合った間取に変更する「リノベーション」なのです。古い建物をリノベーションして、借り手の個性に合ったライフスタイルをリーズナブルに過ごしたいというニーズが増えているため、リノベーションは最も注目を集めているので、古い物件をお持ちの方は、思い切ってリノベーションをすれば、HPやランディングページ制作で物件を探している方も納得してもらえる可能性はあります。また、若い世代は、シェアハウスの登場で。

ワンルームも賃料が下がっている傾向にあるようです。プライベート性の高いワンルーム物件よりもコミュニティとしての住居を重視されているということになります。これまでの様に都心の賃貸物件は、新しい物ほど賃料は横ばいで、築年数と間取タイプが古い物件は下落傾向が進んでいます。

そこに新しくリノベーション物件が登場しているです。借り手のライフスタイルにより、部屋も選べる時代となったいま、借りては選ぶ選択肢を多くもってきているということになり、貸し手は借りてのニーズにできるだけこたえることが、空室をつくらない秘訣ともいえるのではないでしょうか。”
“不特定多数のネットユーザーの目に触れるバナー広告の効果的な出し方は、表示先のサイトのコンテンツに同化させることです。宣伝対象者を指名することができないとはいえ、バナー広告が表示されるサイトの訪問者の特徴は限定的です。彼らにとってクリックすることが効果的であると感じさせるような出し方ができれば、少ない表示回数でも優れた結果をもたらしてくれます。

ソフトウェアのランディングページに遷移するバナー広告であれば、効果的な出し方には定石があります。まず、主として表示されるページを設定することが可能な環境を構築しておきます。続いて、インストールを想起するような文言で宣伝文章を作ります。ただし、宣伝したいソフトウェアの正式名称が一目瞭然となるアピール項目も示さなければなりません。そして、ネット上に溢れかえっているフリーソフトのインストールページに広告が表示されるようにするための作業を行えば準備は完了です。

ネットユーザーが特定のフリーソフトをインストールしようとしてとあるページにアクセスした場合、広告の設定に間違いがなければ宣伝バナーが表示されます。フリーソフトのインストールには時間がかかる場合が少なくないので、処理が完了するまでの間はネットユーザーは暇を持て余します。そんなときに作成した宣伝バナーを見つけたら、現状のコンピューターの環境をより一層使いやすくするために宣伝しているソフトウェアをインストールしてくれる期待が高まります。

ただ、肝心なことはバナーの内容とリンク先のランディングページがしっかり噛み合っているかです。いくらクリック率が高くてもランディングページの離脱率が高く、構成もQUESTやAIDMAの法則を無視した内容のランディングページではなかなか成約率に結びつかないです。そのためにはホームページの制作会社ではなく、実績のあるランディングページの制作会社に依頼することがポイントでしょう。

ホームページ制作会社やデザイン会社はコンバージョン率の考え方が弱くコンバージョンに結びつきづらい傾向が多いので事前にしっかり制作実績などもみてよく調べて依頼することが大事と言えるでしょう。

西麻布の賃貸相場について

不動産の賃貸相場は、地域の坪単価や建物の築年数、地域の周辺環境の変化などにより、不動産の相場が決まります。そして家賃が決まるということになります。

日本の中で一番家賃が高いのはダントツ東京都。中でも23区内で山手線内の港区は、「腐っても港区」ということばがあるように、土地や家賃だけでなく物価などすべてが高値で有名です。

ですので、家賃も高いということは分かりますが、条件により月2万円ほどから上限は限りなく存在します。外観も部屋の中もきれいなお家で新しい生活がしたく、前にどんな人が住んでいたかなどを気にせずに生活したく、また最新の設備の中で暮らしやすさを考えると、住み替えるなら新築または、築3〜5年以内の築浅の賃貸物件がおすすめです。港区でも西麻布の環境は、ドイツ・フランスなど大使館が多くあり、国際的な雰囲気を醸し出します。

麻布十番商店街を中心に、外国人向けスーパーマーケットや、有名グルメ店が軒 を連ねます。高いステイタスを保った良好な住宅街です。近場はショッピングスポットとしても充実。有栖川宮記念公園もあり、都心の中でも緑豊かな場所として知られ、住環境としても良好です。

探してみると、例えば西麻布2丁目の一人暮らし用の築5年のマンションでは、家賃18.9万円と管理費1万円という賃貸物件がありました。3階(14階建) 南向き部屋でマンション(RC(鉄筋コンクリート)46.2?(1K)2007年1月施工という条件で、いまなら敷金・礼金・仲介手数料がかかないという物件でした。

高いのか安いのかわかりませんが、西麻布という高級住宅街の立地に加え、周辺環境の住みやすさや交通の便利さも含まれ、このような相場がついているものと思われますが、西麻布に限らず日本全国で賃貸の相場が下がるのは11月といわれています。2月や3月は家を探している方が多いので必然的に相場が上がりますが、逆に3月まで期間が開いていて引越する方が少ない11月の時期は相場が下がるというのです。

不動産屋さんいわく、9月下旬から下がりはじめて11月下旬から上がり始め、1月を過ぎると一斉に家を探し始めるため、同じ物件でも上がります。特に西麻布であればこの時期から家を探す方はかなり高くなります。大抵の賃貸マンションは、更新月に関係なく解約申出書を提出してから30日後には解約できますので、11月中には物件を探し始めるとお得かもしれませんね。

特にお得な物件を探すのであればデザイン作成がキレイで配布をしている会社がオススメです。思った以上に穴場の物件がDMには満載なので。

青山の家賃について

東京都の高級住宅街である青山周辺には高級ブティックやおしゃれなレストランがたくさんあり、散歩するだけでも素敵な場所です。著名な人たちも多く住んでいる住宅街としてもまた、地域の価値を挙げているように思います。

またデザイナーやクリエイターと呼ばれるクリエイティブ関連の方も多く住んでいます。また、芸能関係者、美容師、スタイリストなども多く住んでいます。

芸術や文化、アートや芸能と、あらゆる日本の文化が混在している街なのです。交通の便もよく、環境も最高なことから、住んでみたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

では青山の相場は実際いくらくらいなのでしょうか。不動産会社にもよりますが、たとえば青山一丁目駅周辺のマンションの家賃として、条件として駅から徒歩10分以内で2LDKの部屋であれば、青山一丁目や表参道駅から徒歩10分程度の2LDK45〜50平方メートルでは築15〜20年で家賃17〜20万円程度だといわれます。

ワンルームですと、80,000円〜150,000円くらいまで。

しかし、100,000円以下のお部屋ですと、16?(約6帖)程度の狭いワンルームになってしまいます。また、青山周辺は比較的古い(築20年以上)建物が多く 、オートロック付のお部屋も少なくなります。風呂なしアパートも何件かはあります。家賃は45,000円程度ですが、空きはあまり出ていません。

がとても人気なのです。駐車場は屋根無で5万円前後、屋根付で6万円前後が相場です。マンションの付属で、居住者には3万円前後で貸す駐車場もありますが、空きが少なく順番待ちや、抽選であったりと、なかなかすぐに借りる事はできないようです。金額は敷金、礼金、仲介手数料、前家賃等で、最初に家賃の6ヶ月分程度が必要になるのが相場です。近年は礼金がないところも多いので、不動産会社をじっくり探してみるのがよいかもしれません。

仲介手数料は賃料の1ヶ月分に消費税を加えた額になりますが、仲介手数料がないところもありますので、このあたりも下調べを十分にしたほうがいいでしょう。お得物件はホームページや物件毎のランディングページの制作をしっかりしている不動産仲介業者に依頼すると、意外な物件を探してもらえるので、優雅に新生活を始めたいものですね。

仲介業者の新規顧客開拓について考える

久しぶりの更新です。小学校の時に授業中にチビって泣いてしまった竹です。

今日は不動産の仲介業においていかに新規顧客開拓をするのかについて考えてみました。当社の取締役はネットについてはかなり詳しいのですが、実はインターネットの達人といわれながら、実際には、インターネットの現状について、意外にものを知らないんだなーって最近感じました笑。悪口ではないですwww

彼がインターネットの達人といわれるのは、当社でシステムエンジニアをやっていたときに、当社のサーバーに入りこんだハッカーをつかまえたことで社内でもかなり有名になったからですが、数年前といまでは、インターネットの世界は大違いです。当時は、世界でインターネットを利用している人なんて、六〇万人くらいしかいなかったからです。

現在はどうかといえば、数え方によって違いますが、数千万人から一億人といわれます。

インターネットをそんな昔から始めた人は、特別な領域の人でインターネットにも特別のはまり方をしてしまい、その後の展開を広く知っているわけではないのではと思っています。

「今夜のうちに僕は二十通のメールに返信しなければならない。チャットの誘いも三つある。ニュースグループも十は目を通さなければならない。ファイルだっていくつかダウンロードしなければならない。どうすりや全部できるっていうんだ?」

などというくだりは、ほとんど中毒一歩手前のはまりすぎであり、仕事ができない証拠と言われても仕方ないでしょう笑。

また、インターネットにはこういう情報がない、ああいう情報がないと文句をつけている部分の多くは、私にいわせると情報の探し方が悪いか、そういう情報を求めるのがそもそも間違っているといいたくなる求め方です。

インターネットは、いまニュース・メディアとしてもっとも優れたメディアとなっています。その質においても量においても、平均してスピードにおいても幅の広さにおいても、他のメディアを圧倒しています。どんな問題についてもちょっと大きな出来事なら、インターネットで集めた情報だけで本が一冊書けるほどではと思います。

そんなわけで私がひそかに取締役の座を狙ってます。。。

はっきり言って、ホームページ制作会社やリスティング広告とか、の営業力が無さすぎる。

営業力がない人で理論だけ言ってる人って好きじゃないんですよ。

赤坂のタワーマンションで優雅に生活し、美味しい食材をいっぱい食べよう!

港区といえば、「くさっても港区」という言葉があるように、港区に住居を構えたい人は多くると思います。

近年は、住居だけでなく、タワーマンションの建売が目立ち、港区内のいたるところで高層マンションが建設されています。好立地である以上は高値です。

しかしいまだに好評を期して販売されているタワーマンションが存在します。世間の住宅品質に対する関心が高まり、耐震性能をはじめ、セキュリティー、管理サービスなど多面的にマンションの価値が高くなってきている時代になったといえるでしょう。また昨年来、「超長期住宅」の推進が叫ばれ、今後住宅は、“長く住めるかどうか”が購入する上で大きな要素を占めているようです。

求められているのは幾世代も受け継がれていくような耐久性。ただ単に頑丈であればよい、というものはなく、人が住まいとして使う以上、いや時間が経ってこそ、その魅力が増し価値が高まるという建物こそが末永く資産性を保ち、結果長期的に愛される住宅となっていくと予想されます。

超長期の視点で立地を捉えてみると、ただ単に利便性が高いだけではなく、住まいとしての環境はどうか、暮らしやすい街並みかどうか、また住環境はどうなのかと、周辺環境も気になるところです。低層住戸へも人気が集まっているタワーマンションも存在しますし、古くから住宅街として親しまれてきた坂の風情だけでなく、敷地内の樹木で癒される自然環境などがそろっていれば、さらに高く評価されます。

立地の良さだけで判断せず、コンシェルジュやドアマンに加え、ベルスタッフ、ポーターまで要していれば付加価値はさらに上がり住みやすさも一段と上がります。

「東京ミッドタウン」(赤坂9丁目)や「赤坂サカス」(赤坂5丁目)などは再開発目白押しの東京の赤坂にあって、なかでも 今ひときわ注目を集めるエリアです。広大な緑、東京ミッドタウン・六本木ヒルズを望む好立地。新緑地の自然環境も整う中、建物のデザインも斬新で、サービスの充実度でさらに満足度は高まっているようです。

高級タワーマンションで住まいと同じ場所で開業することになります。